「介護リーダーやめたい」
と、
一人で悩んでいるあなたに伝えたいこと

「私、リーダーに向いていないのかも知れません…」


『ユニットリーダー』、『フロアリーダー』、『介護主任』…。

呼び名や立場は様々ですが、

最近、そんな介護リーダーからの相談が増えてきたように思います。

特に、ユニット特養ユニットリーダーなどの、いわゆる「介護現場のリーダー職」にある方々から相談を受けることが、最近とくに増えてきました。


一番多い相談は、


「今働いている施設を辞めるべきかどうか、迷っているので相談したい。」

とか、

「私、リーダーに向いていないのかも知れません…」

というものです。


実は私、「ユニットリーダー」なる役割の介護士さんが、一番苦労されていると思っています。

その理由は…

 

介護のリーダーって…


・ユニット(2ユニット)毎に職員が固定され、しかもシフトを組むギリギリ、もしくは最初から足りない人員しか与えられていない。

・「リーダー」として、パートさんを含むスタッフをまとめなければならない。

・「リーダー」である自分自身も一介護職としてシフトに入らなければならない。

・スタッフの急な欠勤時や退職時はその穴埋めをしなければならない。

・難解なパズルのような勤務シフトを毎月作らなくてはいけない。

・新人の指導もしなくてはならず、新人が早期に退職するとその責任を問われる。

・上司に助けを求めても、「あなたの」ユニットでしょ?と言われるだけ。

・職員不足のため、個別ケアとは名ばかりの「現実」と常に闘わなくてはいけない。

・上層部とスタッフとの間での板挟み・孤立感に悩むことが多い。

・リーダー会議、報告書の作成…サービス残業連発。

・しかも最近は新型コロナの感染予防対策の責任まで負わされる。

・で…その割に、リーダー手当はたったの月5,000円とか(^^;)…


…ふう…書いているだけで、めまいがしてきました。これはキツイ、キツ過ぎる…。
 

 

リーダー、やれている人っているの?


介護リーダーのあなた、大丈夫ですよ。

こんな大変な仕事、できるのはスーパーマンか、スーパーウーマンくらいで、誰もできませんよ、こんなハードな役割…(^^;)。


その証拠に、み~んな心身を病んでいるじゃないですか?!

そりゃあ、心身病みますよ、これでは…。



だからね、一人で悩んじゃいけません。

一人で悩む必要もありません。

そもそも、誰も完璧にこなせる人なんていないんだから…(*^^)v。



ぜひ、私に話してみてください。

話すだけで、楽になれることもあります。



■これまでに、こんな相談を受けました…

「ユニットリーダーなんだから、簡単に辞められないでしょ?」

「どうせ、どの施設へ行っても同じでしょ?」

「私にはリーダーの資質がないように感じるのですが…」

「自分の考える介護ができる施設なんてないと思うのですが…。」



いったん心身を病んでしまうと、本当にそこから立ち直るのに時間がかかります。

いっぱいいっぱいになってしまうと、いつの間にか病んでしまう。


だから、早めに相談ください。


相談は、下記の緑のボタンからどうぞ。フォームが開きます。
 

介護リーダーの相談の流れ


※相談をお受けできるのは、下記の①②の両方に該当する方に限ります。

① 介護施設・介護事業所のリーダーや主任等(※)として勤務している方、もしくは今後、任命されそうな方

② 愛知県内(東三河エリアを除きます)に在住または就業されている方

※サービス提供責任者(サ責)や生活相談員、ケアマネ、管理者、施設長なども含みます。

※②に該当されない方は相談をお受けすることができませんが、②に該当する正職員であればご相談を受けられる場合があります。その旨を記載しフォームにて問合せください。

 

 フォームから送信

まずはご相談フォームから、こっそり送信してください。

もちろん、秘密は厳守されますので、現在の職場に知られることはありません。

 

 メールにて返信

原則として1営業日以内に、こころLinkより、あなた指定のメールアドレスに返信いたします。

 お電話による相談

メールにて、あなたのご都合をお聞きした上でお電話し、ご相談をお受けいたします。

ご来社での相談

必要に応じて、ご来社しての相談もお受けします。

ご希望があれば、「適正年収診断」や「転職サポート」もいたします。

こころLinkの責任者

あなたの相談に応じ、社労士法人のコンサルタントとしての客観的立場からあなたに助言を行います。このHPの監修も行っています。

こころLinkの後藤です。

・株式会社アクア・ブレイン(アクア社会保険労務士法人)

・「こころLink」責任者/介護の転職支援コンサルタント

・「井戸端カイゴ」主宰 
 ~
介護職のための情報交換と交流会~


■これまでの略歴

愛知県名古屋市生まれ。愛知県立松蔭高校、南山大学経済学部卒業。

外資系教育会社、社会保険労務士事務所、人材派遣・紹介会社等を経て2009年株式会社アクア・ブレイン入社。

2012年1月に『こころLink』を立ち上げ責任者に就任。名古屋市内および尾張・知多・西三河エリアを中心に介護業界の「転職支援」および「採用支援」を行う。

現在までに約440名以上の介護関連職の転職相談・就職支援に携わり、紹介を成立させた実績は延べ153(2019年10月現在)。また、200件を優に超える介護施設・その運営法人を訪問し、採用支援のみならず労務管理面の相談にも応じている。

お客さまの声

ここでは実際に相談に来られた介護リーダーの皆さんの声をご紹介します。ほんの一部です。

心が軽くなりました。

写真はイメージです。

豊明市在住 43歳 女性

Mさん

介護福祉士/経験約5年

『こころLinkの後藤さんに会って話したら、「一緒に考えてくれる人ができた」と心が軽くなりました。』

《コンサルタント後藤より》
Mさんのように、一人で思い悩んでいる介護リーダーが多いのですが、多くは話をするだけでずいぶん心が軽くなるので、ぜひご相談ください。

初対面なのに、なんで私こんなに喋ってるんだろう?

写真はイメージです。

弥富市在住 47歳 女性

Mさん

介護福祉士/経験約4年3か月

『「初対面なのに、なんで私こんなに喋ってるんだろ?」と思いながら愚痴ってました…。』

《コンサルタント後藤より
Mさんと同じ感想をおっしゃる方は少なくありません。それだけ、介護リーダー一人一人には、ためた思いがあるということです。どうか、気の済むまで吐き出してください(*^^)v。

どの施設も同じ、じゃないんですね。

写真はイメージです。

稲沢市在住 52歳 女性

Tさん

介護福祉士/経験約10年9か月

『「どの施設に転職しても一緒だよ。ムダムダ!」と周りから言われ続けていましたが、こころLinkの後藤さんと出会い、「どの施設も同じではない」ことを確信できました。』

《コンサルタント後藤より
Tさんのように考えてしまっているリーダーの多いこと!でも、決してそうではありません。どうぞご相談ください。