愛知県・名古屋市の介護転職の相談・転職サポートなら「こころLink」にお任せください。

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-11-31 グラスシティ栄4階

電話受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

ご相談受付中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

0800-100-6753

こころLink 担当者ブログ(2019年4月24日)

とってもお得な「再就職準備金」

『再就職準備金とは?』

 

あなたは、「再就職準備金」という制度をご存じでしょうか。


介護職員の不足を補うための国の施策の一つで、

介護業界への「再就職」に際して「最大40万円」無利子で借りることができ、借りた後も引き続き2年以上介護職を続ければ、その「返済が免除になる」という素晴らしい制度です。


1人1回しか使えないこの制度。

うまく使えば、かなり有効に使えそうです。

このブログで、こころLinkの後藤が分かりやすくお伝えしますから、ぜひ参考にしてくださいね。

※このブログでは、愛知県在住の方を前提に書いています。他の都道府県の方については制度や扱いが異なる部分もあると思いますので、各都道府県の社会福祉協議会等に確認の上ご活用ください。

 

■ 再就職準備金の貸付を受ける要件


再就職準備金の貸付を受けるための要件は、下記の通りです。

1.介護事業所や介護施設での介護実務経験が1年以上あること。

・「実務経験1年以上」の意味は、具体的には雇用期間が通算365日以上あり、かつ介護職に従事した期間が通算180日以上あるということ。
・特養、老健、GH、デイ、有料老人ホーム、訪問介護事業所等、介護保険の適用事業所での勤務期間が対象になる(無届の有料老人ホーム等での勤務期間は算定対象外)。

 

2.介護福祉士、実務者研修、初任者研修(ヘルパー2級または1級)のいずれかを所持していること。

 

3.直近の介護事業所を離職してから再就職までの間に、愛知県福祉人材センター(愛知県社会福祉協議会)に求職登録を行うこと。

・したがって、1日も空けずに転職する場合には、この「再就職準備金」の貸付を受けることはできない。あくまでも離職期間のある再就職が対象になる。
・福祉人材センターには登録を行うだけで良く、福祉人材センターから仕事の斡旋を受けなくても再就職準備金を借りられる。つまり再就職に至る方法は問われない。従って、こころLinkで再就職支援を受け再就職を決めてももちろんOK。


4.再就職先は、愛知県に所在する介護事業所や介護施設であること。

・愛知県外への再就職の場合は、貸付の対象にならないということ。

 

上記の4つの条件を満たせば、無利子で最大40万円貸付を受けることができるのです。

そして、ここからがさらに重要なポイントですが、


愛知県内の介護施設や介護事業所等で介護職員として引き続き2年以上勤務すれば、全額返済免除になるのです(!)。

 

つまり、その借りたお金は、返金の必要がなくなる、というわけです。

これ、スゴくないですか?

返さなくていいってことは、もらっちゃっていいということですよ(当たり前か…)。

40万円ですからね、大きいですよね~。

実は、私もこの制度のことを最近知ったのです(^_^;)。

そして、制度の内容を細かく調べていたのですが、知れば知るほどに「これは使わないと損だ」と考えるようになりまして、皆さんにこの制度をお伝えしようと思ったのです。

 

■「再就職準備金」を利用する上でのポイント


では、この「再就職準備金」を活用する上で、私、後藤がポイントと考える点を述べますね。

●「再就職準備金」の貸付を受けようとする場合は、まず何をすべきか?

すでにあなたが介護職を離職している場合は、すぐに愛知県福祉人材センターへ行き求職登録を行うことが必要です。
現在はまだ在職中であれば、離職後すぐに行うことが必要です。

まず、何はともあれ、この求職登録を、前職か現職を離職した後で、かつ再就職より前に行うことがまず絶対に必要となります。こういう類のものはほとんどそうですが、このタイミングを間違えてしまうと、受けられなくなってしまいますので…要注意です。

《愛知県の方の問合先》社会福祉法人愛知県社会福祉協議会 愛知県福祉人材センター (TEL:052-212-5516)名古屋市東区白壁1-50(愛知県社会福祉会館内)

 

●お金はいつ頃手に入るか?

再就職先への入職日が決まり次第、「前職の勤務期間証明書」や「再就職先での再就職決定証明書」等の書類を提出しますが、毎月15日に締切られ、前月16日から当月15日までに受付けられた方の分が翌月末日に希望の口座に振り込まれることになります。
※例)4月30日に再就職先への6月1日の入職が確定したとしますと、「再就職先での証明」等の書類をが5月15日までに提出でき、審査が通れば6月末にお金が入ります。


●連帯保証人が必要になる

この制度はあくまでも借入なので、連帯保証人が必ず必要になります(1名)。
あなたとの生計が独立した、原則として県内在住者であることが必要です(県外の場合住民票が必要となるようだ)。
つまり、別居の両親はOKですが、同居し生計を同じくする配偶者は連帯保証人になれないということですね。
なお、届出の際は、連帯保証人の印鑑証明が必要になります。


●どうすれば返済免除となるか?

愛知県内の介護事業所・介護施設等介護職員として引き続き2年以上勤務すれば返済を免除されます。
具体的には、在職期間が通算730日以上となり、かつ実際に介護業務に従事した日数が360日以上となれば免除となります。

※途中でやむを得ず再就職先を退職しても、退職の翌月中に新たな介護施設等での勤務が開始できれば引き続きとみなすことができる。
※上記の条件を満たす限り、何度職場を転職しても構わないが、愛知県内の事業所・施設であることが絶対条件。
※パートでの勤務も対象になるが、1か月の所定労働日数が15日以上である必要があります(1日の所定労働時間数は不問)。

 

その他の留意事項


1)実施主体について

この再就職準備金の貸付制度の実施主体は、各都道府県の社会福祉協議会等です。

なおこの記事は、愛知県を前提に書かれています。
今回記述した内容については、すべて愛知県社会福祉協議会の愛知県福祉人材センターに確認して執筆しておりますが、各都道府県によって内容が異なることがありますので、当制度を活用する際は、必ずそれぞれの実施主体に確認してください


2)制度の廃止や改定があり得ます

当記事は、下記のサイトを参照しつつ、2019年4月22日~23日に愛知県福祉人材センターの担当者に電話できちんと裏を取った上で、こころLinkの後藤の責任で執筆しています。
同日現在での制度や規約に基づいて書かれていますので、あなたがこの記事をご覧になっている時期によっては制度や規約が変更されている可能性があります。

制度の活用を考える際は、必ず「福祉人材センター等」に確認を行い、最新の情報を入手してから活用するようにしてください。


《参考サイト》

◆再就職準備金 リーフレット(愛知県)https://www.city.toyoake.lg.jp/secure/5549/kaigofukusisisaishuushoku.pdf

再就職準備金貸付の手引き(愛知県)
https://www.aichi-fukushi.or.jp/intoro/jinzai/pdf/saisyuusyokujunbi_guide1226.pdf

◆厚生労働省サイト(離職した介護人材の再就職準備金について)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188098.html

 

■まとめ


私は、この制度を初めて知ったときは、「再就職先を2年未満で退職してしまうと返済義務が生じる」と誤解をしていましたので、「いい制度だけど少し使いづらい制度だよな~」と感じていたのです。

でも、良く調べてみたら、「やむを得ず再就職先を退職した場合でも、間をおかずに(離職の翌月中に)再々就職ができれば、引き続き免除の対象になり得る」ということが分かり、

「これは活用すべきだ。」と感じました。

つまり、再就職先を万一辞めてしまっても、介護職そのものを辞めてしまわない限り、つまり引き続き2年間、介護職を続けさえすれば、返済しなくても良くなるのです。

最大40万円です。

ムリに活用する必要はありませんが、あなたが介護業界への復帰を目指していたり、転職をお考えであれば、この「再就職準備金」の制度を検討する価値が十分にあると考えます。

 

こころLinkの後藤より

介護職の転職や再就職は、悩むことも多くあるかと思います。

また、分からないことも多く、

・「転職の方向性が良くわからなくなってきた…」
・「転職すべきか残留すべきか迷っている」
・「今の職場を辞めたいが、退職させてもらえない」

などなど、不安でいっぱいになる方もいらっしゃると思います。

こういった不安な点を相談したいとお考えの方、お気軽にこころLinkにご相談ください。質問や問合せもどうぞ。

ただし、下記全てに該当する方に限ります。あらかじめご了承ください。

1) 愛知県名古屋市内及び近郊にお住まいの介護士さん
2) 介護福祉士または実務者研修修了者
3) 施設(特養・老健・GH・有料老人ホーム等)の正職員としての勤務を希望されている方

注:在宅系(デイサービス、デイケア、訪問等)を希望されていらっしゃる方は、サービス提供責任者(サ責)やリーダー、生活相談員、管理者、施設長などのマネジメントの業務を希望される方に限ります。大変勝手ですが、ご了解いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

【名古屋】介護施設向け特別セミナー開催!【2019年8月8日(木)】※終了しました。

講師:エーデル土山(滋賀)の廣岡隆之氏

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0800-100-6753

上記フリーダイヤルへお電話ください。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

こころLink責任者
後藤剛(たけし)

親身で介護士さま一人一人に寄り添ったサポートを行います。また、あなたのペースを100%守りながら進めますから、どうぞ安心してご相談ください。

対応地域

愛知県(名古屋市、一宮市 、瀬戸市 、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町)