愛知県・名古屋市の介護転職の相談・転職サポートなら「こころLink」にお任せください。

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-11-31 グラスシティ栄4階

電話受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

ご相談受付中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

0800-100-6753

こころLink 担当者ブログ(2019年6月12日)

介護施設向け【人材確保セミナー】開催できそうかな?

■セミナー開催、できるかな?なんとかできそうです!!


私、こころLinkの後藤が2019年初めからずっと温め続けてきた企画がついにベールを脱ぎます…。

井戸端カイゴの参加者には、ボソボソっとお伝えしたことがあるのですが…、

実は私、「介護施設向けのセミナー」を企画していたのです。

そのセミナー、実は講師がすごいんです。

なんとなんと、私のブログでもさんざん紹介してきました、あの「エーデル土山」の廣岡施設長を講師に迎えてのセミナーなのです(!)

人材不足に悩む、愛知・名古屋の介護施設や運営法人のために、エーデル土山の廣岡施設長が

「3時間出し惜しみなし」出血大サービスセミナーを引き受けてくれたわけです(太っ腹です)。

これは、我ながら楽しみですよ。


「開催できそう」というのはですね…、

「一定数」の参加者を集客できないと、セミナーの開催そのものが流れてしまうのです。

で、まだ参加者数がその「一定数」に達していないため、まだ開催が確定ではなく、「開催できそう」と表現させていただいたわけです。

セミナー開催時期は、今年の8月です。

お盆の直前、です。


施設・法人が一丸となり

「真の働きやすさ」「待遇面」「提供するケアの質」を高め続ける。

そんな介護施設や運営法人を、この名古屋エリアに多く生み出したいと思っています。

その
結果、

介護士の皆さんがより働きやすく、より働きがいのある職場が今以上に増えてくれたらいいなあ

と思っているのです。

 

ところで、「TTP」って知ってます?


皆さん、「TTP」って聞いたことありますか?あ、TPPじゃないですよ(^_^;)

「TTP」って、「徹底的にパクる」の略なんですよ。
なんか、DAIGOみたいですけど。

あ、私が作った言葉ではないです。

トリンプの元社長、吉越浩一郎氏が言い始めたらしいですね、この言葉。

「徹底的にパクる」。

成功している、うまくいっている他の会社や法人が実施したことや、その考え方を、まずはマネしてやってみる、ということです。

もちろん、著作権等に抵触することはダメですが…。


例えば、エーデル土山さんが実施して結果を出してきたこと、

つまり、「残業ゼロ」、「腰痛ゼロ」、「メンタル不調ゼロ」への取り組みなどなどを、

TTP、つまり、徹底的にパクるということです。つまり、マネする。「完コピ」する。


今回企画したセミナーは、そのためのセミナーと位置づけています。

セミナーでは、エーデル土山さんに、もうノウハウを全部出していただくつもりでいます。

そして、受講される施設・法人には、エーデルさんの提供するノウハウや実行策を、まずは「完コピ」すればいいのでは?と、心底思っているんです。

まずはマネできることから徹底的にマネすればいい。


ただ、単純に、全部マネするだけでも、相当大変なことですが…。

そのくらい、エーデル土山さんの改革遂行力はスゴイですから。

 

■ そのセミナーの内容とは?


実はこのセミナーは現在、「優先案内」を行っている最中なのです。

私にとって特に大切なお客様(つまり、私のことを信頼し、私の紹介で複数の介護士さんを採用頂いた法人です)に「優先的に参加して頂きたい」と思い、一般案内に先駆けて優先的に案内しているのです。

しかし、明日6月13日(木)より一般案内に切り替えるつもりです。

現在、8つの法人より受講申し込みをいただいています。

中には、開催日に重要な会議があるにも関わらず、受講を検討しておられる方もいらっしゃいます。

さて、そのセミナーの内容を、一般公開前ですが、ほんの少しだけご紹介してみましょうか…。


・「慢性的な人材不足」から脱却するには、「土台作り」が最大のポイントだ。
・「改革」を確実に前に進めるための3つのポイントとは?
・「人材確保のための対策」を確実に遂行するための 「組織体制」と「仕組み」とは?
・「人材が定着する」ための具体的ノウハウ
・介護施設の「働き方改革」そのポイントとは?
・トリプルゼロ(残業ゼロ・腰痛ゼロ・メンタル不調ゼロ)を実現せよ!
・「職員の待遇・所得」その改善方法
・「人材を獲得する」ための実践的ノウハウとは?
・「イメージ戦略」こそが重要だ。
・法人・施設をブランディングするためにはこうする。
・「この施設で働きたい!」と思わせるための宣伝手法
・これからの介護事業所の経営戦略とは?
・「介護事業所の収益アップ」。その具体的手法とは?
・介護施設の経費削減の具体的方法
・生み出した「利益」を人材確保に確実につなげるための手法。
・人材確保に直結する「処遇改善」の考え方とは?
・介護職員等特定処遇改善加算(新加算)の戦略的ポイントとは?
(「勤続10年以上」のとらえ方、「経験・技能のある介護職員」のグループ設定のしかた、「介護職員以外」の者への対応方法)

などなど…
 

こんなに盛りだくさんの内容なのです。

もう、本当にノウハウ出しまくりです。

こちらが心配になってしまうほどです。

「こんなに気前よく出してしまって良いのか?」と(^_^;)。


エーデル土山の廣岡施設長が直接こういったノウハウを大公開してくれるわけです。

自分で言うのもなんですが、これは必聴のセミナーですよ。

もしこのセミナーに反応しない施設・法人さんがあったとすると、すでにエーデルさんの水準に達しているか、そうでなければ「ちょっとマズイのではないか…」とすら思っています。

 

「いい話だった~」で終わってほしくないのです。

 

実際に、施設や法人を改革するのは並大抵ではありませんよね。

だから、どの施設・法人もなかなか変革を成し遂げることができていないのです。

セミナーで、いくらいい話、実行可能なアイディアを聴いても、それを実際に施設や法人に持ち帰り、現実に変革を遂げるためには、数々の障壁が立ちはだかるわけです。

その一番の障壁は、なんでしょうか?

そうです。「変化に対する抵抗」です。

これまでと違うことをしようとすると、普通の方々は、抵抗感を感じます。

頭では、良いことだとわかってはいても、いざ変革しようとすると…

「余分な仕事が増える」
「今まで、一度もそんなことやったことない」
「そんなの無理。」

こんな反応が必ず見られます。

これは、誰しもが持つ感情なのです。

組織を変革するには、この抵抗に打ち勝っていかなければいけないのです。


そのためには、それなりの「体制」が必要です。

つまり、変革するための「チーム」を結成するこことが絶対に必要なのです。

一人では、変革を成し遂げることは極めて困難でしょう。


エーデル土山さんでも、施設長を中心に4人ほど選抜し変革チームを結成して、この4人の力で変革を少しずつ前に進めていったと聞いています。


「何をすべきか」、「何をすればいいのか」
などは、

実はどの施設・法人も、ある程度分かっているはずです。

しかし、その変化に抵抗する勢力の前に屈してしまうケースが極めて多いのです。

「変革のためのアイディアを、どう遂行し、変革を実際を成し遂げるのか?」

「どうやって変革を実現していくのか?」

「どうやって、一つ一つの改革案を遂行し、かつ継続していくのか?」

このあたりのノウハウが、実は一番大事なんじゃないかと思うわけです。

実際に改革を遂行していくために必要なノウハウを、エーデルの廣岡施設長から学び、TTPで徹底的にパクって頂ければ、ハイスピードで改革を進めていくことができると思っています。

 

■まとめ


今回、私の企画したセミナーをきっかけとして、我らが愛知県、名古屋エリアにも、エーデル土山さんのような「真に働きやすい職場」を実現する介護施設が、出現するかもしれませんよ。

そのための大きな一歩となってほしい、と心から祈っています。


現在、私のことを最も信頼して頂いている介護法人さん(17法人)に案内し、すでに受講申し込みを8法人から頂いています。

エーデル土山さんは、求人に困るどころか逆に入職希望者が20人から30人も待機をしている状態です。

でも、以前は「超過勤務」「人間関係の悪化」「セクション間の対立」「求人を出しても集まらない」といった良くある状態でした。一時は離職率が40%を超えることもあったのです。

そんな状態から、どうやって入職待機者が行列を作る施設に変貌を遂げることができたのか?

エーデルさんにしても、今の状態までになるには10年ほどの年月を要しているわけですが、その間の、文字通り「血と汗と涙の結晶」を今回大公開して頂くわけです。

愛知県・名古屋エリアの法人さんや介護施設さんを対象に、3時間ノンストップで語り尽くしてもらおうと思っています。

楽しみです。

そのためには、まだまだ頑張って集客しなければ。


今回は、セミナーを企画していることの報告をさせてもらいました。

このくらいで終わります。

さあ、次回は何を書こうかな…

 

こころLinkの後藤より

介護職の転職や再就職では、悩むことも多くあるかと思います。

また、分からないことも多く、

「転職の方向性が良くわからなくなってきた…」

「転職すべきか残留すべきか迷っている」

「今の職場を辞めたいが、退職させてもらえない」

などなど、不安でいっぱいの方もいらっしゃると思います。

こういった不安な点を相談したいとお考えの方、お気軽にこころLinkにご相談ください。質問や問合せもどうぞ。

ただし、下記全てに該当する方に限ります。あらかじめご了承ください。

1) 愛知県名古屋市内及び近郊にお住まいの介護士さん
2) 介護福祉士または実務者研修修了者
3) 施設(特養・老健・GH・有料老人ホーム等)の正職員としての勤務を希望されている方

注:在宅系(デイサービス、デイケア、訪問等)を希望されていらっしゃる方は、サービス提供責任者(サ責)やリーダー、生活相談員、管理者、施設長などのマネジメントの業務を希望される方に限ります。大変勝手ですが、ご了解いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0800-100-6753

上記フリーダイヤルへお電話ください。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

こころLink責任者
後藤剛(たけし)

親身で介護士さま一人一人に寄り添ったサポートを行います。また、あなたのペースを100%守りながら進めますから、どうぞ安心してご相談ください。

対応地域

愛知県(名古屋市、一宮市 、瀬戸市 、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町)