愛知県・名古屋市の介護転職の相談・転職サポートなら「こころLink」にお任せください。

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-11-31 グラスシティ栄4階

電話受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

ご相談受付中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

0800-100-6753

こころLink 担当者ブログ(2019年6月19日)

なぜ、介護施設の「コンプライアンス」が重要なのか?

■なぜ、介護施設の「コンプライアンス」が重要なのか?


最近、介護施設の運営法人の「コンプライアンス(法令遵守)」に関して、その意識の低さをまざまざと感じさせる出来事があったのです。

この出来事を介護士の皆さんと共有し、皆さんにも介護施設や運営法人のコンプライアンスについて考えて頂きたいと思います。

介護福祉士のMさんの転職をご支援しています。

 

Mさんは現在、住宅型有料老人ホームを数件運営する営利法人に在籍され、サービス提供責任者をしておられますが、在籍する法人の「方針」や「コンプライアンス(法令遵守)の意識」に大きな疑問を持ち、それで転職を検討されているのです。


具体的にどんな疑問かと言うと…

ある日、役所の調査が入ることが分かり、「人員配置」など、確実に役所から指摘を受けるだろうと思われるグレーな点についてMさんは心配になり、上層部に確認したそうです。

すると上層部からは、

そんなの大丈夫、大丈夫!」の一言で流されたらしいです。


そこで、なぜ大丈夫なのかと聞くと、

「役所の(担当の)●●さんは私の知り合いだから大丈夫だよ。」
と言われたそうです…。


(知り合いだから)不正や不備くらい見逃してくれるよ」という意味なのでしょうか?

う~む…(^_^;)


普段の施設運営から、そういう感じだそうです。

例えば、配置基準上、絶対に勤務していなければならないスタッフが、配置できない時間帯が生じそうなときでも、「(スタッフが)いたことにすればいいから。」の一言で終わるそうです。

…『いたことにすればいい』って?どういうこと?

おそるべし…。ガクガクブルブル。


(本当はいないにも関わらず)いたことにする」。

…う~ん、そんなことしはじめたら、もう、ダメですよね。

もうアカンでしょう、それは。レッドカードでしょう。

だって、ズルズルいっちゃいますよね、そんなの。


やっていないことでも、「やったことにすればいい。」…

数字も、「ごまかしちゃえばいい。大丈夫、大丈夫。」…

っていう感じになりますよね、だんだん(^_^;)。

 

で、実際に役所の調査が入り、Mさんの懸念通りの不備を指摘されたらしいのです。

すると今度は、

「調査に入った担当者が意地悪なんだよ。」で済ませてしまうらしいのです。

う~む…「意地悪」って…。


過去の調査では、役所の担当者に対して「私たち友達だよね?」「分かっているよね?」っていう感じで対応して、何とかことなきを得てきているみたいなのです。


こんな感じですから、(当然ですが)一向に社内の実態を改善しようとしないらしいのです。

 

これが本当なら…


以上の話は、もっぱらMさんからのみ聞いた話です。

つまり、法人側(A社)から裏を取っているわけではありません。

でも、もし、これが本当の話なら…皆さん、どう思います?(Mさんは信頼できる方なので、99%真実だと思います)


あ、正直、良く聞く話ですよ、この類の話は。

別に残念ながら珍しい話でもなんでもありません。

確かに良く聞く話です。

ですが、単なる馴れ合いですよね、これは。

正直、私はこういう姿勢が「嫌い」です(^_^;)。

このような姿勢や意識の法人とは、決してご縁を持ちたくはありません。


なぜか?

こういう「なあなあ」で「他責」の姿勢というのは、あらゆる局面に必ず現れるからです。


たとえば、私の仲介で介護士さんを採用したとします。

こういう会社は、絶対に「(料金を)負けろ(ディスカウントしろ)」と言ってきます(^_^;)。

そして仮に、その採用した介護士さんが短期間で退職したとします。

すると、必ず私に責任を全部かぶせてきます。

「どうしてくれるんだ!」「どういう輩を紹介してくれたんだ!金返せ!」って…(^_^;)。


私は、信頼に足る介護士さんしか法人に紹介していません。

そして最初から「早く辞めよう」と思って入職する人なんて一人もいないんですよ。当たり前ですが。

みんな、できるだけ長く働きたいと思って覚悟を決めて入職するんです。

それなのに、短期間で辞めてしまうとすれば…。

もちろんミスマッチもありますが、誤解を恐れずハッキリ言えば、ほとんどの場合、受入サイドのフォロー不足・体制不足が早期退職の原因ですよ。

サポート不足。受け入れ体制の不備。現場のウェルカムとは程遠い冷たい態度…。

もちろん私もできる限りのフォローやサポートをしますが、限界ありますからね…。


私は、施設や運営法人、介護士さんとの信頼関係の元、

ただただクリーンに、誠実に、気持ち良~く仕事をしたい

それだけなんです。

きっと、介護士の皆さんも、全く同じ気持ちじゃないでしょうか。

 

■「神は細部に宿る」


さらに、特に住宅型有料老人ホームやサ高住で良く聞く話ですが、

「(介護保険の)限度額が余っているから、夜間も訪問サービスを入れられるだけ入れろ。」

取れるところから取れ。」

とかいうセリフ…。


確かに良く聞く話ですし、経営上(介護保険制度の構造上)ある意味いたしかたない面があるかもしれません。

とは言え、こういう言い方って、あまり気分はよくないですよね。サ責や介護士の立場からすれば。
 

このような法人の姿勢って、平気でサービス残業をさせる(労基法を軽視)とか、給与明細の詳細もあいまい(条件を明確にすることでお互いの信頼関係を築くことに無頓着)だったりとか…、そういう感じで様々な局面に現れるものなんですよ。


「神は細部に宿る」

正にそういうことなんです。


人間や会社の本質=ホンネ=「本性」は、あらゆる局面(細部)に必ず現れるのです。

 

クリーンな会社は果たして存在するのか?

 

介護施設を運営する法人や会社は数あれど、「ああ、この法人はクリーンな運営をしているなぁ」、と思える会社って、本当に少ないんです。

特に、住宅型有料やサ高住を運営している法人。私から見てクリーンな印象のある法人は本当に少ないです。とっても残念なことなのですが…。

さきほど書いたように、介護保険制度の構造上の問題や、役所の調査や指導に一貫性がないなど、様々な問題がある中で、ついグレーな運営になりがち、というのは私も多少理解しているつもりです。


そんな中、「ああ、クリーンな運営をしているな」、と思える法人も少ないながら存在します。

先日、Mさんの転職支援で訪問した住宅型有料老人ホームを運営する法人は、正にそういう法人に感じました。とてもクリーンな印象がありました。

その法人の担当部長は、「役所と揉めても仕方がないですから(笑)守るべきルールは守っています。」と公言されていました。

「役所とモメてもしかたない」「守るべきルールは守る」


Mさんと、いろいろ突っ込んでその部長に確認してみました。


どうやら、少々人件費はかさんだとしても、施設職員を配置する等のルールをしっかり守るべく気を配っているように感じました。


Mさんは見学後、次のような感想をおっしゃっていました。


ちゃんとやっている会社はちゃんとやっているんだ、ということが良く分かりました。」

「抵触しそうなこと(グレー)なところには手を出さないようにちゃんと線を引いていますね。」

「今在籍している法人でグレー(ブラック)なやり方に慣れてしまっていたし、ブラックなやり方を押し付けてくる会社の方針にも慣れてしまっていました。でも今日の話を聞いて、目からウロコが落ちました。」

「私からの質問にも曖昧にせずしっかりと答えて頂けるし…。それが本来、当たり前の姿なんだということが分かりました。」


もちろん、100%クリーンな会社などありません。

あのトヨタ自動車だって、叩けばほこりが出るんです(^_^;)。

そして、ある程度グレーな部分でのせめぎ合いもしかたないでしょう。


しかし、私は、特に介護ビジネスの場合には、基本的にクリーンである、ということは絶対に必要不可欠だと考えます。

なぜなら、ある意味ではビジネスというより、「社会的インフラ」である、という側面が強いと思うからです。


「介護保険」という制度の上に乗っているからです。「介護報酬」を受けているからです。

利用者とその家族からは、その費用の一部分のみを受け、収入の大部分は「介護報酬」から成り立っているのです。

国民が支払う保険料や税金等から成り立っているからです。

そして、社会的インフラとして「適性」であるという判断を受けた上で、「介護報酬」を得て運営を続けることができているわけです。

つまり、役所の評価を受け続けないかぎり、事業の存続すら危うくなるわけです。


それなのに…

役所の決めたルールを守らない。
守ろうとしない。
ごまかす。
やっていないことをやったかのようにみせかける…。

う~む。これでは、社会のインフラとして適性だとは思えませんよね…。

 

■まとめ


いろいろ取り留めなく書いてきました。

私は、介護施設の運営法人は、コンプライアンスへの意識をよほど強く持たないと、ダメだと思っています。

ましてや、インチキや不誠実な運営法人や経営者は、絶対に長続きしない、と思っています。

特に介護業界では。


なぜか?

「介護士」という人たちは、(一部を除いて)「正義感」といいますか、「世の中の役に立ちたい」、という純粋な気持ちで仕事に取り組んでいる方が多いのです。

そのような介護士さんたちというのは、自分が属する会社や施設が不誠実だとわかったら、耐えられないのです。そういう種類の人達なのです。

耐えられないから、会社や施設に対して物申すのです。

そして、もし何も改善されなければ、その施設や法人を辞めるのです。


もちろん、残る介護士さんもいるでしょう。

が、勇気と使命感・正義感を持って「NO」と言える有能な介護士さんほど辞めていきます。

さらに、まともなケアマネも離れていき、お抱えのケアマネだけが残ることでしょう。


そして、辞めた職員や離れていったケアマネが、悪い口コミを至るところで拡散するようになります。

すると、利用者やその家族も徐々に離れていきます。

利用者を確保するため、どの施設からもさじを投げられたような利用者に自施設を利用して頂くほかなくなります。

すると、残った職員の負担はさらに増えます。

結果、さらに職員が辞めていき、それに伴い、さらに不正やインチキをせざるを得なくなる…。

もう、悪循環です。


せっかく高い志を持って始めた介護ビジネスが成り立たなくなる。

複数の施設を展開し、せっかくこれから…という状態なのに、急速に失速していきます。

終焉への坂道を転がり続けることになります。

 

■住宅型有料老人ホームやサ高住で働く介護士さんへ


上記のようなグレー(ブラック)な会社で、良心の呵責(かしゃく)に苦しみながら仕事を続けている介護士さんは沢山いらっしゃると思います。

そういう介護士さんへのメッセージは次の通りです。


ガマンし続ける必要ないですよ。

もっとクリーンな法人に移りましょう。

ちゃんとありますから、大丈夫です。

私と一緒に、転職活動をスタートしてみましょう。

Mさんの場合は、退職を余儀なくされてしまったため退職日を先に決めざるを得なかったのですが、あなたは現職場に在籍したまま、退職をにおわせることなく、秘密裡に転職活動を進めることができますよ。

ご相談に応じます。ぜひご連絡ください。


 

インチキはダメですよ。やはりね、「真摯さ」が絶対必要だと私は考えます。

スコアをごまかしてゴルフに勝ったとしても、本当に喜べないでしょ?

本当はOBしたのにこっそりボールをすり替え、OBではないようにする、とか(^_^;)。

そんな、インチキとかする人と一緒にゴルフをプレーしたいですか?

私は、イヤです

絶対に、イヤです

それに、そんな風にインチキしてゲームに勝っても、誇りに思えないと思うんですがどうでしょう?

自己嫌悪で、自分自身もダメになってしまうような気がします。


自分の子供に、自分の仕事を堂々と語りたいです、私は。

あなたはどうですか?


心当たりのある名古屋エリアの介護士さん、よければ、後藤まで連絡ください。

転職すべきかどうかも含め、相談に応じます。

下記をごらんください。
 

こころLinkの後藤より

介護職の転職や再就職では、悩むことも多くあるかと思います。

また、分からないことも多く、

「転職の方向性が良くわからなくなってきた…」

「転職すべきか残留すべきか迷っている」

「今の職場を辞めたいが、退職させてもらえない」

などなど、不安でいっぱいの方もいらっしゃると思います。

こういった不安な点を相談したいとお考えの方、お気軽にこころLinkにご相談ください。質問や問合せもどうぞ。

ただし、下記全てに該当する方に限ります。あらかじめご了承ください。

1) 愛知県名古屋市内及び近郊にお住まいの介護士さん
2) 介護福祉士または実務者研修修了者
3) 施設(特養・老健・GH・有料老人ホーム等)の正職員としての勤務を希望されている方

注:在宅系(デイサービス、デイケア、訪問等)を希望されていらっしゃる方は、サービス提供責任者(サ責)やリーダー、生活相談員、管理者、施設長などのマネジメントの業務を希望される方に限ります。大変勝手ですが、ご了解いただきますようお願い申し上げます。

 

 

 

【名古屋】介護施設向け特別セミナー開催!【2019年8月8日(木)】※終了しました。

講師:エーデル土山(滋賀)の廣岡隆之氏

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0800-100-6753

上記フリーダイヤルへお電話ください。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

こころLink責任者
後藤剛(たけし)

親身で介護士さま一人一人に寄り添ったサポートを行います。また、あなたのペースを100%守りながら進めますから、どうぞ安心してご相談ください。

対応地域

愛知県(名古屋市、一宮市 、瀬戸市 、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町)