愛知県・名古屋市の介護転職の相談・転職サポートなら「こころLink」にお任せください。

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12  アーク栄白川パークビル5階

電話受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

ご相談受付中

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

0800-100-6753

井戸端カイゴ報告ブログ(2020年2月開催)

2020年2月21日(金)於:名古屋市女性会館~イーブルなごや

写真はイメージです

 

皆さん、こんにちは~。お元気でしょうか?

さて、去る2月21日(金)の午後、

井戸端カイゴ ~介護職のための情報交換と交流会~

の、第80回目を開催しました!


★これまでにご参加頂いた人数:85名(延べ438名)

 

今回も、東別院の「イーブル名古屋(女性会館)」でした。

人数は、後藤含めて計5名でした。

さあ、今月も頑張って一所懸命書きますので、もしよければ読んでくださいね。

 

■お断り

会話の内容や参加者の紹介については、参加者やその所属施設・法人が特定できないよう、後藤の独断で脚色・割愛している箇所があります。

また、参加者の名前(イニシャル)もボカシたり、あえて施設形態を書かなかったり、変えたりしています。

理由は、万一、参加者が第三者に特定されてしまうと、会での自由な話合いができなくなってしまうからです。

そのような事態は絶対に避けたいですので、細心の注意を払っています。どうかご了承ください。

しかしながら、私も人間です。それも、結構ヒートアップしやすい部類の人間です。

まれに筆がすべる場合がありますので、特に会に参加された方にお願いです。

私の書いた文に対するご指摘があれば、どしどしお寄せください(メールでお願いします)。


さて、まずはいつもの通り参加者の紹介から。 
※男性は○○「氏」、女性は□□「さん」と表記しています。

M氏
久々の参加です。常に波乱万丈ですが、今は某老健で相談員をされているそうです。「ケアマネをやって欲しい」と言われ入職したら、実は相談員だったとか。

相談員は、M氏含め4人いるらしいのですが、全員が入職1年未満の人達ばかりだそうです。フロアの職員も、リーダー格が結構辞めていく状態だそうで、正直「やばい」と思い退職の申し出をしたそうです。法人から「3か月待って欲しい」と言われ、その間に入浴介助に入ったり外回りの営業活動をしたりしながら、結局今も勤務を続けているところのようですね。

ご両親の状態があまり良くないようですので、介護休暇を取得しながらの勤務のようです。そういうところの融通をつけてくれる職場だから続けて行けている部分もあるみたいですね。

 

N氏2回目の参加です。前回はちょうど約1年でしたね。現在グループホーム(GH)で勤務5年目です。悩み事がいろいろ尽きないそうです。「この仕事に本当に向いているのか?」っていうのも考えるそうです。夜勤と早番日勤遅番。夜勤が大体5回ずつぐらいと、まずまず職員の人数も揃っているみたいですね。

マイブームは温泉(スーパー銭湯)だそうです。ご自宅の近くに「●●●の湯」っていうのがあるらしく、すごく混んでるみたいです。昔はボロボロだったそうですが、リニューアルされたみたいです

 

S氏9月に転職されました。今回は50人定員のサ高住で、結構TVCMもやっている施設のようです。母体は不動産を営む会社のようですね。自宅からかなり近いようです。

サ高住らしく、日勤帯は掃除と洗濯ばかりだそうです。S氏自身は夜勤専従だそうです。

サ高住で良く聞く話ですが、「要支援」から「要介護5」の方まで入居していいらっしゃるため、認知症で騒ぐ方もいらっしゃって、クリアな方が「うるさい。高い料金を払ってるのにどうしてこんなうるさい思いをしなきゃいけないんだ!何とかしろ!!」ってクレームを言ってくるのは日常茶飯事のようですね。また、オムツを食べちゃうような人もいるそうです。「センサー入れている利用者が7人いる」と聞いた参加者が「私、そんなに聞き分けられない!」ビックリしていました。

マイブームは今も御朱印集めです。会当日も神宮寺(?)とかいうお寺へ行ってたみたいですよ。御朱印は1枚500円くらいだそうです。お気に入りは三ヶ根山とか、津島神社の中の宝珠院とか、別小江(わけおえ)神社とかだそうです。

 

Hさん:後藤の紹介で特養に転職して約1年。今は従来型特養です。まあまあ楽しくやれてるかな?っていう感じだそうです。

ただ、Hさんが入職後、退職者が7人出たそうで…。

マイブームは山。月に1回は登ろうと思って、楽しみにしてるんですけれども。去年から仏教のこととか御朱印だったりそういうことにも興味があってなかなかやれてないんだけど、とのこと。

 

Iさん:久々の参加です。住宅型有料老人ホーム(デイ併設)に今勤務しています。が、転職を今、後藤がサポートしています。とにかく職員が少なく、Iさんは月に4日休みがあればいい方なんです。

朝8時半に出勤して夜の22時までとか(^^;)、

ロング夜勤が明けて、そのまま日勤も…とか…(^^;)。

最悪は、日勤やってそのまま夜勤を明け(9時)まで…というパターン。

それから、18時以降の施設宛の電話は、全部Iさんの携帯に転送されるそうで(!)。1人夜勤だから、休みでも夜間に何かあればすぐにIさんに電話が掛かってくるという恐ろしさ。で、そのまま救急車に乗ることもあるそうで。

そういう状況を聞いていた後藤は、ず~っと退職を促していたのですが、ズルズルと4年半やってきてしまったのです。

 

以上の5名に後藤を加えた計6名で、会がスタートしました。

 

写真はイメージです

今回出た主な話題は、こんな感じでした↓

①【いきなり介護長に…

今は生活相談員なんだけれども、ある日事務長に呼ばれて組織図を見せられたら、僕が「介護長」になってた。現場のトップになってましたよ…。

実は入浴介助を少しやったんですよ。入浴介助って、そんなにしっかり教えてもらわなくても結構出来ちゃうじゃないですか?で、ささっとやってたら、それを見てて、「Mさん、介護長どうかな?」って。

でも、「いきなり介護長は待ってよ」って断りましたけど。

 

<参加者の意見>

(後藤)給料はだいぶ良くなるんじゃないの?

・給料はいいよ。施設長くらいはもらえるよ。

(後藤)やればいいじゃん~。

・簡単に言うよね~(笑)やってみなよ~。
この会の報告に書いてあるような悩み、全~部抱えることになるから…。


・確かに…全部背負うことになるよね~。

・今は、気持ち的に全部背負えないから…。
まあそういう話って、いろんなところから来るので。
でも、家庭の事を今は最優先に考えている。

後藤)奥さんは働いてないの?ずっと家にいるの?

・だって両親二人とも要介護だし、吸痰もあるし。

(後藤)訪問看護とかは?利用してる?

・入れてるよ。訪問看護、訪問介護、訪問入浴も…。
入れられるものは全部入れてる
でも外に出すのは…今はやっていない。デイサービスとかショートステイは。
ウチのショートステイ見てても、あんまり良いとは思えないから。

・施設の外に出てみると、彼(N氏)のいる施設がホントにいい施設だったんだってことがよくわかる。
老健って、やっぱり「スピード勝負」。
「どういう介護をしたいか?」っていう価値観が変わってきてしまう。

ただ、今は結構都市部にある施設なので、職員は結構入ってくるんですよ。でも、ちょっと変わった職員が多いかな?

・挨拶しないとか?

・う~ん…、遅刻しまくる人とか…。

結構大所帯なので、みんないろいろ価値観が違うから…

若い介護職員で、5年ぐらい勤務している職員に、「この施設でなぜどうして続けているの?」って聞いてみたら、「人間関係が良いから続けているだけです」って言っていた。

仕事をしていく上でのモチベーションと言うか、
「こうありたい」という志がない。だから楽しくないと思うんですよね…。

 

【後藤の個人的な意見】

両親の介護をしながら、介護施設で働く。

Mさんみたいな家庭環境ですと、ある程度融通をつけてもらえる職場でないと難しいですよね。

介護長は確かに並大抵じゃないと思います。特に医療法人の中での介護長って、どんな役割なんだろう…って考えると、正直青ざめますよね。

Mさん、そんなに簡単なことだとは、私も思っていませんからね!Mさんなら、それだけの力があるだろう、と考えているだけです。

 

写真はイメージです。

 

②【「新人指導」や「利用者対応」に関するホンネの悩み(男性職員編)

新人に対しても、「どう伝えれば理解してくれるだろうか?」とか、いつも悩んでます。

新人をイライラさせてしまうこともあったりで、なかなか難しいなあと感じています。

M氏が職場の後輩だったこともあるのですが、M氏は1教えれば5も10も出来る人だったから良かったのですが、だいたいは教えても「あ~!…もういいです!」って言われてしまったり…

 

<参加者の意見>

・え?「そんなこと、もうとっくに知ってます!」っていう意味なのかな?

・若い職員なんですけどね。「どういう風に付き合っていけばいいのかな~?」っていつも悩んでます。僕より前に入った先輩は、結構うまくやってるんですけれども…。

「本音ではどう思ってるのかな?」とか。挨拶をしてこない職員もいるし…。

・(後藤)そういう方って、男性が多いんですか?

・女性ですね…。職場がGHなので、ほとんど女性なんですよ。

・(後藤)でも、NさんのGHって、夜勤が月5回で済むのであれば、職員数は割と揃ってますよね?

・最近、新しい職員が増えてきて若い職員も増えてきたんです。

でも、私からなかなかうまく伝えられないのが悩みですね。企画に関しても色々考えたりしないといけないし…。

・企画はNさんが考えないといけないの?

・誕生日会その他、行事の企画はやっぱり社員がやらないといけないですからね。

・(後藤)仕事、持ち帰ってやったりしているんじゃないんですか?

・そうですね。

・夜勤の時ってそんなにできないですからね。

・夜勤は割と楽かもしれないんですよ。

・(後藤)フロアに1人ですもんね。GHの夜勤って、体力的には比較的楽かもしれないけれども精神的には結構プレッシャーがかかりますよね?ストレスの解消はどうしていますか?

・それ(ストレス解消の方法)がないからダメなんですよ。溜まっていってしまいますから…。最近、妹が家に越してきちゃって…。

・(後藤)今、おいくつでしたっけ?

・●歳(30代後半)です。

・(後藤)まだお若いですね~。

・入居者への対応は、自分でも「うまくやれている」と思っていたんですけれども…。

「どうやって対応したら、入居者さんがもっと喜んでくれるかな?」とか考えてやってます。

・(後藤)真面目だなぁ~(笑)

・真面目だなぁ~(笑笑)

・女性の職員は、そういうのが結構上手なんですよ~。やっぱり入居者さんも女性が多いじゃないですか。男性の職員は私含めそんなに喋る方じゃないし…。

・(後藤)僕、個人的にはそんなにベラベラ喋る必要などないんじゃないかと思うんですけどね。

・みんなが安心できるような空気感を感じられるように、って努めてはいるんですけどね…。揉めないようにバランスを取ったり、その場の空気を乱さないように、と思ってやっているんですけどね…。

 

・(後藤)そういうことが一番大事なんじゃないかな…。Nさん、多分かなりできていると思いますよ。

 

・そう。できてますよ~。

 

・「平等」を心がけていますね。

 

・時と場合に応じて、ですけどね…。時には立てて良い方向に持っていって、でも、「持ち上げるとこの人つけあがるな…と思ったら押さえたり。いつもホイホイ持ち上げていると、生活していてもつまらないと思うから。

 

・あーなるほど…たまにはちょっと刺激を、ということですよね、なるほど。それはいいかもしれないですね。

 

・人間だから、そういうのは必要だよ。いざこざが起きたとしても、いざこざが起きたことに対して私たちがどう対応するかで良い関係を築けたりすることもあるから。

 

・ダメなことは「ダメだよ」って言わないといけない、っていうことですよね。ダメなことをやったのに「いいよ、いいよ」って言ってしまったら、つけあがってしまったりするから。

 

・まあ、何十年もそうやって生きてきた人だから、変えようとするのは無理だけど。でも、自分たちの対応を変えるのは可能だと思う。

 

・GHだから認知症の人ばっかりなんですよ。みんなわがままだし、みんな結構言いたいこと言うから…何を言われても僕があんまり気にしちゃいけないんだけど、結構ひどいことを言ってくるもんですから…

 

・結構的を射たことを言ってくるからね~。

 

・(後藤):例えばどんなことを言ってくるんですか?

 

・「アンタ…貧相な顔しとるなあ!」とか言うんですよ…。

 

・一同爆笑

 

・(後藤)あははは…。でも、それは、すごくありがたい「いじられ方」じゃないですかね?いろんな対応の仕方が考えられますよね。

 

・疲れが出てたのかな?

 

・僕が気にしてしまうからいかんのですよね?

大阪のおばちゃんみたいに「何言っとんの~!!あんたこそ貧相な顔しとるわ」って言うくらいの軽口を叩ければいいんだけど。

だけど、昔、「入居者さんはとにかくほめて持ち上げてあげないといけないよ」って教えられたんですよ。

 

・(後藤)いや、それは違うと思うよ(きっぱり)。

 

・私も違うと思う(キッパリ)。

 

・その辺はもう少し「メリハリが必要だ」っていうことなんですよね、きっと。

 

・「じゃあ私、今度とびっきり綺麗になってくるわ~」とか、「次会うときは私可愛くなってくるからね」とか宣言しておいて。でも、「私、もしかして疲れてたのかなぁ?」とか少し反省して。

 

・(後藤)とにかく、何にも言ってくれないよりは、そうやって言ってくれた方がずっとありがたい。対応のしようがあるからね。全く無視されて、視線も合せてくれなかったり、何にも言ってくれなければ、本当に辛いし、対応のしようがないもんね。

だから、私個人的には、ちょっと利用者さんを「いじる」ぐらいの感じでちょうどいいと思いますよ。もしそれで怒られたら、「ごめんなさい」って謝ればいいんだもん。

 

 

【後藤の個人的な意見】

N氏は、本当に真面目な方なんです。きっと介護職の方に多いタイプなんだろうな~、と思います。

私自身もどちらかと言えば生真面目なタイプ(らしい)なのでN氏の気持ちも分かりますが、相手によっては吉本新喜劇みたいなお笑いのノリでボケたり、突っ込んだりしながら日々を過ごすのもアリなのではないかと思いますね。

でも、介護の現場って、その場のアドリブが物を言う、「ジャズセッション」みたいな職場なんでしょうね。

しかしながら、忙しい中で「あんた、貧相な顔しとるな~」っていきなり言われたときに、適切なノリで返せるのか?

正直、なかなか高度ですよね。

 

 

写真はイメージです。


③【N氏は、ニガテな上司との関係性をどう克服したのか?

ちょっと前は、上司との関係に悩んでたんですが、今はある程度上司との関係はうまくいくようになりました。

 

<参加者の意見>

・(後藤)苦手な上司との関係はクリアしたんですね…。すごいなあ…。

どうやってクリアしたんですか?

 

・あんまり良くないかもしれないんですが、上司の特性を研究したんです。

 

・(後藤)機嫌が悪くなったりしないように、Nさんの方から先手先手で攻めるってこと?

 

・はい。結構それがストレスになって…よくないですよね、そういうことって。

 

・(後藤)でも、必要じゃないかな?そういうことは、組織人としては。

 

・みんなで仲良くできればいいと思うんですけれども、やはりみんなそれぞれ考え方があるから難しいじゃないですか。その職員がいないところでその人の悪口を言ったりとか…。

僕はそういうのは好きじゃないんで、もしそういうことを聞いたとしても、加担して一緒に悪口言いたくない。

 

・利用者さんとの関係は得意だと思っていたんですが、最近悩み始めてきました。色々と考えるようになってきたからですかね…。今までは業務をこなせばよかったのですが、「●さん、今どういう気持ちなのかなあ」とか、「どう感じているかなあ」とか、色々考えるようになったからかもしれないですけど…。

 

 

【後藤の個人的な意見】

『上司との関係性をクリアしたNさん。とても研究心があり、素晴らしいですね。

ただ、後輩の女性陣との関係性は、あまり真面目に考えすぎない方がいいかもしれないですね。いろんなキャラの見せ方があると思いますが、女性陣の中で数少ない男性としてうまくやっていくためには、普段はちょっとヘマしたりしてイジられるくらいで私はちょうどいいんじゃないかと思っています。その後輩職員が、どういう方かにもよりますが…。

ただ、絶対にしちゃいけないのは言い訳と責任転嫁でしょうね。

とにかく、後輩のしたことには全部Nさんが責任を取る。仮にNさんがお休みの日であっても、Nさんが全然見ていないところであっても、

「後輩がやったことは、全部オレの責任だ」

というくらいの腹のくくり方が重要だと、私は思っています。

それから、約束は絶対に守る。

この2点だけ守れば、そんなに大崩れはしないのではないかと思いますが、皆さんいかがでしょうか。そんなに甘くないですかね?』

 

写真はイメージです。


④【湯煎の食事と業者の話

Sさんのサ高住では、ご飯はどうですか?美味しいですか?

 

<参加者の意見> 

・ウチは湯せんですね。介護職員が作るのは、ご飯と味噌汁だけです。

 

・生野菜はないし果物もないですよね。

 

・「食べたい人は、外でご自由に」って感じですよね。

 

・湯せんのおかずが20人分とか入っていて、それを盛り付ける。刻まないといけない人もいるし。

 

・厨房の人は朝4時ぐらいに来ますね。一人で40人分以上作る。

 

・でも楽しくないですよね~?湯せんだけの仕事って…。

 

・料理を作るのが好きな人は辞めちゃいますね。だから、「回転寿司屋で皿を洗ってました」とか、そういう人が面接に来ますね。

 

・フライなんかも、「サックサク」なんですよ~。

湯せんなのに、「サクサク」っておかしいですよね…(笑)きっと、何か変な薬が入ってるんですけどね、多分。

 

・メーカーもたくさんあって…、しょっちゅう営業に来るんですよ。で、「契約してくれたら冷蔵庫つけますよ」とか、「半年契約してくれたら、冷蔵庫はそのままプレゼントします」とか。味が変わらないと利用者さんも飽きてきちゃうから、ときどき業者を変えます。

 

・ウチ、この前まではT食品だったんだけど、「まずい」と言われたから変えました。

 

・ウチもT食品です。

 

・(後藤)GHでも湯せんなの?

 

・T食品さんは、何パターンかあるんですよ。

 

・今は、Kっていうところに頼んでますね。

 

・ウチはMです。

 

・(後藤)いろんな会社がやってるんですね~(驚)

 

・何社も営業に来ますよ。

 

・(後藤)なんか、新聞購読勧誘の営業みたいですよね(笑)

「とりあえず3か月契約して下さい!トイレットペーパーと洗剤プレゼントしますから!」みたいな。

 

・なま物が食べられないのはかわいそうですよね。

 

・寂しいなぁ。

 

・だから最近は週に1回バイキングをやってます。

 

・(後藤)湯せんのバイキング?(笑)

 

・だんだん食材が余ってくるんですよ。うちは月に1回カレーにして全部ぶち込んじゃう。カレーはみんな食べてくれるから。

 

・食いつきがいいですよね。

 

・あと、砂糖としょうゆで味付けしたような味の濃いものはみんな「美味しい」って言って食べてくれます。

 

・サ高住って、できたの最近ですよね?

 

・(後藤)そうですね。以前は高齢者専用賃貸住宅(高専賃)っていう枠組みがあったのですが、それが2011年にサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)という枠組みに変わったのだと思います。

 

・もともと、安く住めるという枠組みで国土交通省の管轄のものなんだけど、あまりしっかりとした体制が整ってなくて。ようやく最近監査とかもしっかり入るようになってきたけども、結構ザルですよね。

 


【後藤の個人的な意見】

『確かになんとなくさみしいですよね。湯せんの食事は…。GHでも手作りの料理ではなくなっていますから。でも、人手不足も考えると、やむを得ない部分もありますからね。

 

写真はイメージです。


⑤【転職先の実情

私が入職してから、7人も辞めたんです。近々さらに2人退職しますし…

 

<参加者の意見> 

 

・退職理由は?

 

「給料が安い」という人もいるし、人間関係の不平不満を言って辞めていく人もいるみたいです。

他にいい施設があるんじゃないか?と言って辞めていく人もいるようです。人間関係でどうしても合わない人もいる。家の事情で辞める、という人もいるようですね。でも、やっぱり一番は人間関係なんですかね。

 

・同僚同士の人間関係?

 

・まあ、上司との関係もあるでしょうけどね。「あの人の下でビクビクしながら働くのは嫌だ」とかね。「あの人の顔色を伺いながら仕事している」みたいに思っちゃって。

そんなこと気にしなくてもいいと思うのに…。だって、利用者さんのために仕事をしているわけで、そんなに上司の顔色を伺う必要もないのに。でもどうしてもそういう風になってしまってそれが嫌だからやめる、と。

で、新しい職員が入ってもすぐ辞めちゃったりするので…。

 

・(後藤)7人退職して、7人入職したって事ですか?

 

・いえ、入職していないです。

 

・(後藤)え?じゃあ、マイナス7人ってこと?

 

・そうですよ…(^^;)。だから今、正社員はほぼ夜勤専従みたいになっている。入ってきてもパートさんですもん。

私、もう新人(パートさん)の指導してますからね。私、場数をまだ踏んでいないから「こういう場面でこんな状況で、特養ではどう対応するの?」っていうのがよくわからない。

だから、指示されても一瞬考えるじゃないですか?「あれをこうやってやろうかな?」とか「あれ持っていってやろうかな?とか。

そうやって考えている瞬間が、上司というか指示を出した側にとってはイラッとするのかもしれないけれども…「そんなの考えてないで早く行動してきてよ」ってズケズケって言ってくる人はいますね。「早く行ってきてよ。頼んだでしょ!」って。

だから新人さんは「こんな怖い施設で働けない!」って思う人もいるみたい。

「お部屋対応だから、このテーブルを使って食べさせてね」とかって教えてくれれば、「ハイ、わかりました」ってなるのに…。

指示を出してくれればいいのに言わないんですよ。だから介護の経験が少ない人は怖くなる

 

・1回やればわかりますもんね。だから1回目をもう少し丁寧に教えてくれればいいと思うんですけどね。新しく入職した職員に結構きつく当たりませんか?

 

・「新しく入ってきて何もわからないような人を攻撃する」っていうのがどこの世界にもあるんだけども、私もいちいちそれにつまずいていたら身が持たないから「あーそうですか、わかりました」ってやり過ごすんだけれども…。そういう私みたいに強い人、切り替えのできる人はいいんだけどね…。

 

・(後藤)Hさんみたいに耐性の強い人は比較的大丈夫でしょうけどね…

 

・「そんなふうに叱らなくても…」って思うことは多々あります。

 

・(後藤)その人の役職は?

 

・看護主任かな?

後から、ちゃんとフォローは入りますけどね…。「ごめんね、あの時あんな風に言ったけれども」って。

 

・多分、それだけ職場に余裕がない、ってことだよね。

 

・そう。その時職場に私ともう一人早番が一人で遅番の一人でフロア対応されてて。「あなたしかいないのよ」っていう状況で言われたから仕方がないってことが分かるから。でも新しく入職してきた人にとっては辛い状況だと思う。

私が指導することになる新人が、私がいない時にこういう状況になったら…って考えると、「これは定着しないなあ」と。

でも、みんな丸い感じの優しい人たちばかりなんですけどね。

私が入職する2か月ぐらい前に入った人ぐらいからバッタバッタと辞めてるんですよ。

昨日、3年ぐらい勤務されていた方と飲みに行ったんですよ。で、話を聞いたら、「ずっとこんな感じだよ」って。「ちょっと潤ったな」と思ったら辞めていく。

 「これだけいれば大丈夫だね」っていう時期はないって。

10年働いているパートさんに聞いても「そういう時期はなかった」と。

男性職員も多いんですよ。だから、女性ばっかりのところよりはギスギスしにくいとは思う。

 

しかも研修はたくさんあって勉強にもなるし。ただ、人手不足の中でやっているので「迷惑だ」って考える人もいる。勉強にはなるけどれども感想を書いたりしなきゃいけないから…。

ケアの仕方とか心理学とかそういう勉強させてくれる。

 

・業務の中でやらしてくれるんですね。

 

・そうです。遅番の日によく研修があって。15時に戻ったとするとパートは帰ってるんですよ。いろんな業務をやっている暇がない。おやつを配って臥床してベッドに戻して介助して、おむつ交換をして…っていう一連の流れをやってると。洗い物をしたりとかおしぼりを用意したりとかっていう業務は手が回らないと思う。

 

・研修に出ようが出まいが、できないわけだよね、今は。

 

・研修に出るともっとできない。人数をきちんと揃えてやっていると赤字になると聞いています。だから入職されるのはパートさんばかり。「15時で帰ります」とか「14時で帰ります」とか。覚えられないんですよ、この人が何時に帰るのか。

介護補助の人もいるし、なかなか覚えられない。

 

・16時とか17時ぐらいって、割と暇なんじゃないの?

 

・フロアに出さないといけないからね。

 

・何人ぐらい出すの?

 

・30人ぐらい。そんなに全員ではないけど、遅番と夜勤で。

 

・更衣はしてる?

 

・絶対に変えてくださいって言われてる人も、なかなか変えられないのが現実。私はやるけれども、多分他の職員には「迷惑だな」って思われていると思う。着替えさせると、また着替えさせないといけないから…。

私が夜勤で遅番が変えてくれてると思うじゃない?でも着替えてないの。ひどいと夜勤できた時にシーツが敷いてない時がある。「失禁して漏れたからめくってあるんだな」って思う。

 

・カーディガン着たまま寝てる人もいるから。本当に遊び疲れて寝てる、みたいになってる人もいるんだよ。上着ぐらいは脱がせようって思うんだけど。

 

・ジャンバー着て寝てる人もいる。もこもこで寝てて、「暑いでしょう。脱ごうよ」って(笑)。

 

・どこかでそういうしわ寄せができているの。早くしたいのにシーツが敷いてなかったり。遅れてしまうと「どうしてできてないの?」って言われる。まあ、自分はどっちにしても怒られるんだって思って。

 

・話聞いてると、業務量に対して人が全然足りていないみたいですね。

 

・(後藤)7人も辞めてるんだもんね…。

 

・私が入ってからは正職員で入職したのは0人です。私が教えるべき人もパートだから、どうやって教えて行こうかな?って思ってます。

 

・教えられる方も、教えてほしいことがあっても聞けないですよね?

 

・昨日飲みに行った人も2月でやめちゃうし。「もう介護はやらない」って言ってる。

 

・(後藤)せっかく仲良くなったのにね…。

 

・もう一人辞めるって言う人も。結婚退職みたいですが。

二人とも正社員ですから。で、入ってくるのはパートだけ(笑)

 

・外国人を入れなきゃいけないですね。

 

・あ、思い出しました。入ってきますよ。

 

・もう、外国人入れるのは絶対条件だよね、カンボジアとか。

 

・私、一つ職場で誘われてます。「そんな風だったら辞めてこっち来なよ」って言われてます。でも行ってみないと分からないから、すぐにどうこうということは思ってないけれども…。「でも考えといて」って言われてます。でも、どうしてこんなに辞めるのかね~。

 

・施設が多すぎるからでしょう。条件は変わらないから。嫌なところにいつまでも働く必要がないと。

昨日僕が研修に行った施設は全然辞めてないですけどね。老健なんですけど、全員介護福祉士で全員常勤。で、リーダーは1年ごとに変わる。持ち回り制だからプレッシャーをかけないようにしてるし前年のリーダーが新しいリーダーのサポートをするみたいな。

 

・(後藤)それ、どこの老健ですか?

 

・T老健。

 

・うちも、そうやってサポートするはずなんだけどね。不確かな中でやってるから。

この前、それを言いました。「大体こういう風だよねっていうのは分かるけど、合ってるのかどうか分からないから気持ち悪いです」って伝えました。

そしたら、「じゃあ私がまた1年間ストーカーみたいに見ていくから。ごめんね」って言っていただいたけど。なんかモヤモヤしてる。

 

・うちも、誕生日会は1パターンだったんだけど最近は意見を取り入れてインタビューしたりとか若い時はこんな風だったのかとか少しずつ変えていったほうがいいですよね。毎回同じよりは。

 

・ギリギリの人数でやってるから、いろんなことがわからない中でとにかくやりきるしかない。


 

・お風呂も、3人ぐらい湯船に入っている人を見ながら、洗ってる人も見なければいけなかったりするから結構きつい。でも、自分が湯舟に入れた人がなんかなるのが嫌だから絶対に離れたくない。

 

・何人くらいをお風呂に入れるの?

 

・1日に10人ぐらいですかね。

 

・着脱から誘導して洗って…を一人でやってんの?

 

・ひとりじゃないです。3人いますよ。

 

・じゃあ、1人当たり6人ぐらいでしょう。

 

・3人で協力して入れたいけど。

 

・事前に、お風呂の担当者で話し合うべきだよね。

 

・私も、それがいいと思う。

 

・マニュアルを作れないんだったら、安全確保のためにも打ち合わせが必要だよね。まあそりが合わない人もいるもんね。

 

・以前はそうでしたもん。脱がす人、入れる人、全く別だった。

 

・誘導と着脱と洗いと、別々に3人いればそれが可能だよね。着脱で手が空けばお風呂の方に回ってきて。誘導とドライヤーで頭乾かす人がいて。

 

・ドライヤーはもう一人いるんですよ。

 

・じゃあ、全然余裕な人数だよ。だからきっと組み方が悪いんだよ。だから話し合いをしなければいけない。その方が早いと思うよ。危ないもん。

 

・だって自分が入れた人置いて普通に出ていける?ってて思って。

 

・(後藤)あんまりそういうことを話し合わないんですね、事前に作戦みたいなものを。

 

・研修はあっても実践に基づいた事例の問題を研修していかないといけない。そうしないとその施設で応用できないじゃんね~。

 

・だから何でそういう風になってるかわからなくて。

 

・前からの慣習なんでしょうね。

 

・フロアリーダーはいるの?

 

・います。フロアリーダーというか介護主任がいます。各フロアにいるんだけれども別のフロアにいる人もお風呂に入れますよ。

 

・それはまあどこでもそうだと思う。やり方次第だと思うよ。

 

・この間話し合いがあったけど、私出られなかったから…休みだったから委任状書いて欠席した。以前、「そうしようよ」って一回言ったことあるんですよ。でもうやむやになった。

看護師さんの処置も入ってくるので、看護師さんのタイミングも考えないといけないし、結構厄介。

 

・それも含めて当日の話し合いですよ。そうしないといつまでたっても解消できない。

 

・「私がずっとお風呂の中にいるので連れてきて」って言ってみましょうかね。

 

・うん、それでいいと思う。ちょっと今日やり方変えて見ない?って。良ければ続ければいいし。外で回す人の方が大変。結局外の人の采配なんですよ。中の方が楽なんで。

 

・以前有料で働いていたとき、お風呂でナースコール鳴らすんですよ。そうするとスタッフが飛んでくるんですよ。

 

・でも、あまりナースコール鳴らすと外の人に怒られる。お風呂に3人来ちゃっててフロアは一人しかいないから。

 

・あーそういうことか…。僕はお風呂一人でやってたから。着脱から全部。1日15人ぐらい入れてたんで。

 

・(後藤)それが一番シンプルですよね。

 

・やっぱりフロアーが1人だから、「もっと早く出てきてよ」みたいな感覚なんですよ。だからものすごい勢いでお風呂。

 

 

 

【後藤の個人的な意見】

新人をいじめるみたいなのは、どこでもある話なのですかね。

実はつい最近も、私の紹介で某特養に入職した方(Kさん)から同じような相談を受けまして。

その施設では、Kさんを含む新人2人は名前で呼ばず、「あの2人」とか「そこの2人」とか呼ばれるそうです(^^;)。

私、それをKさんから聞いて、さすがに腹が立って(怒)。信じられますか?

 

ま、今はKさんから話を聞いただけだから、もう少し裏が取れたら、その施設の施設長に訴えにいくかもしれません…。

 

Hさんの施設はそういう雰囲気ではないはず。上層部も現場も、本当に一所懸命。

でも、きっと何かがズレているのか、より良くなるための過程なのか?

 

そのあたり、分からないのですが、今のままではちょっとマズいような、そんな気がしますね。

 

写真はイメージです。


⑥【担当をハッキリさせたい職員

半年前に入職してきた女性の話ですが、「これって誰の仕事ですか?早番ですか?夜勤ですか?」とかいう人で。「これをこっちに置くのって、私の仕事ですか?夜勤の仕事ですか?」とか。「(利用者の)●さんをトイレに連れていく仕事って、日勤の仕事ですか?それとも夜勤の仕事ですか?」とか…。

そんなことばっかり言ってくる。

私は、「そのときにそこにいる人がやればいいじゃないの?!」って言うんだけど、納得してくれないの。

 

<参加者の意見> 

・「あなた、その現場にいるんだから、やろうよ。」

 

・(後藤)「そうだよね〜。『どっちがやるの?』って聞いてる間にやれちゃうよね。」

 

・「そう。聞くまでもないことだ。」

 

・「なんで私ばかりやらなければいけないんですか?どっちの仕事かハッキリしてください!」って言って他のスタッフと揉めるんですよ。

 

そんなスタッフでも辞められたら困るから、他のスタッフに、

「あの人、ああいう人だからさ…。悪いけど、●時の介助は夜勤者の方でお願いできる?その代わり、配膳はあの人がやるって言っているから…。配膳と服薬はあの人にやらせて。逆に、やるとあの人、怒るから。」

 

そういう調整をずっとやってきて、それにも疲れ果ててきて…。


 

・「あったま悪!」って言ってやれば?(笑)

 

 

【後藤の個人的な意見】

こういう方って、結構多そうですね。チームワークというか助け合いというか、声を掛け合って仕事をこなしていく、と言う感覚が分からないのでしょうね。

こういう方との共存には、工夫が必要になりますよね。


 

写真はイメージです。


⑦【某住宅型有料老人ホームの実態その1(不正受給)

社長は、施設スタッフを訪問介護に入らせたいんですよ、居室掃除とかに。

だけど、訪問介護だと本当は1時間入らなければいけないのですが、記録上は1人1時間ずつ入ったことにして、実際には3人分やったりしてます。

 

 

<参加者の意見> 

・…それは危険だよ…。抜き打ちで調査に入られたら、不正に受領していた介護報酬、返還になるよね?さらに返還金額の40%を加算して支払わないといけなくなるよ。(後藤注:介護保険法第22条第3項の規定?)

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/cmsfiles/contents/0000481/481929/kaigo.pdf


 

・住宅型有料老人ホームだと、施設に1人いなきゃいけないじゃないですか、絶対に。でも、ケアに入るべき時間帯が重なるときもある。

たとえば、朝デイに行くまでの8時25分から9時25分の間とか、夕方はデイ後の15時40分から16時40分までの間に、利用者20人、週2回ずつ掃除に入らないといけないんです。訪問サービスが重なるんですよ。

そうすると、社長が訪問に入ったことにしたり…。

 

・それ、市に告発されたら、完全に監査に入られちゃうよ…。

そういう不正なこと、まだやってる法人があるんだね…(^_^;)。

 

・訪問介護の事業所も、住宅型有料老人ホームを運営してる会社と同じ会社が運営しているんです。

サ責って、施設スタッフとの兼務はできないじゃないですか?

でも、サ責が施設スタッフで入っているんですよ。

『それはアウトだから、監査に入られる前にシフトを全部書き換えなきゃいかん』とか、私の時間は月に270時間は超えているので、『残業は20時間までにして』って社長に言われています。

 

・20時間を超える部分は全部、サービス残業なの?

 

・はい、20時間も含め、全〜部サービス残業なんです。

「シフト表に記録しないでね」って社長に言われています。

出退勤の時刻を書いて事務員さんに提出すると、毎月事務員さんが所定労働時間プラス20時間になるようにシフト表を書き直してくれるんです。

私はそのシフト表を事務員さんからもらって、キレイに出勤簿に清書するの。だから、毎月、実働時間数が同じなんですよ。

 

・…もう、●市案件だね…。出勤簿をコピーして、市に告発しよう。

 

・内部告発。

 

・ムチャクチャだよね。

 

・直さないと。マズイよね。

 

・ウチの施設、看取りまでやるんですが、社長が、「家族が『看取りでもいいです』って言ったんだから、どうなってもいいじゃん。ホームの居室は【自宅】なんだから、死んでようがなんだろうが知らないわよね~。だって、そういう約束だもんね。ご家族との。」

って、そういういい方をするの。

 

でも、それは違うんんじゃないの?って。

 

・看取り状態に入っているの?

 

・看取りの方も入れて、2年で5人亡くなっている。訪問看護入れてる。

 

・特指示が入っているよね。特指示が入って、看取り状態になってる、ということだよね。そこでケアプランも変えるよね。

 

・はい。

 

・居宅だけど、ケアプランも変えるはずだよね。そのプランに基づいて行っているんだよね?

 

・は…い。だいぶブラックですけど。

 

・真っ黒だよね(苦笑)。

 

・看取りで点滴ぶら下げて、意識もない状態なのにデイサービス行かせて…

 

・(後藤)え?どういうこと?どういうこと?(^_^;)

 

・そういう体になっている、ってことね…。

 

・はい…、9時半から15時半まで、デイに言ってる体、みたいな。

 

・それで、介護報酬をうけている…。(ガクガクブルブル…)

 

・脱税だね。

 

・(後藤)ヒドイね…。犯罪だね、もう。

 

・特指示は、医療保険だから介護保険とダブらない時間に入ってもいいわけだから、訪問看護師に「9時半からデイだから」って言って、実際には10時とかに訪問看護に入ってるんだけど、「8時半から訪問看護に入ったことにしてください」って言って。

 

・(後藤)訪問看護は別会社なのに、そういうことやるの?

 

・訪問看護もグルなんだね…。だから、その時間を抜くだわね。

 

・先日、デイに●市が来たときに、「普通の自宅だったら一度帰ってまた来るっていうことはできないわけだから…3時間以上取ってるわけだからここで帰ってないとおかしいよね。なのに、なぜまた来たことになってるの?」って言われて…。そこがアウトになったらずらして、「ここまでで5時間にしてください」って。

 

・全員(苦笑)

 

・実際には、その間に訪問看護が入っているんだけど、書類上だけ整合性つけてる。

 

・運営法人って、何を母体にしている会社なの?

 

・建築会社です。最初に訪問介護事業所を立ち上げて、居宅支援事業所と福祉用具と、デイサービス、住宅型有料老人ホーム…。

 

・コンプライアンス的なことが全然分かっていないよね…。

 

・「回ればいいじゃん」って感じ。

 

・その時代はとっくに終わってるからね。

 

・命を粗末に扱う感じがすごく嫌。

で、耐えきれず「それって間違ってませんか?」

って言うと、

「あなたのその意見は、会社側の立場で言ってるの?それとも、利用者側の立場なの?」って聞いてくる。

「もちろん利用者側の立場ですが…」って言うと、

「じゃあ、聞きたくありません~!」って言われる。

 

・【犯罪】なんですよ。Iさんは【犯罪】を手伝わされているわけから…

 

・加担しているよね。

 

・だから、この辺でスッキリ辞めたいんですよ。いままでも、何回も後藤さんから「そんな施設にいちゃダメだよ…」って言われていたのに、ズルズルと今まできてしまった。私としては、利用者さんが大事だったからなかなか辞められなくて…。

 

・利用者さんは確かに大事なんだけど、そういう施設で働き続けることによって、却って利用者さんを不幸にしちゃうのよ。

 

・もう、限界で…。部屋の中では「転んでても、死んでてもいいでしょっ」という発想が。

 

・重要説明があるはずなんだよね。その中に施設の方針が書かれているわけですからね…

 

 

【後藤の個人的な意見】

もう、「ひどい」のひとことです…。なんじゃこれは…。正直、反吐が出そうです。

上層部は、「不正を行っている」という感覚すらなくなっていますよね。

本当に本当に怖いです。

ほら、良く、助成金とかだまし取る輩がいるじゃないですか?そういうのと同類の感じがしますよね。

もはや犯罪以外のなにものでもない…。

 

写真はイメージです。


⑧【某住宅型有料老人ホームの実態その2(亡くなったことに気づかないヘルパー)

この話は、あまりしないほうがいいかもしれないですが…。

実はある利用者さんがお亡くなりになったのですが、朝5時半に夜勤者が巡視したときは「生きていました」とその夜勤者は言ったの…、その後で朝食に起こそうとしたときは要らないような感じだったらしいから、もともと暴力を振るう利用者だったし、起こさずに寝かせたまま居室を出た…。そしたら…

 

<参加者の意見> 

・なんか怖いんですけど〜…。

 

・その後、訪問介護のヘルパーが朝8時半から1時間、その方の居室に掃除に入ったの。で、次に私が9時半に入った。「医師が来る前に病状確認しとかないと」と思って居室に入った。

そしたら、もう亡くなっていたの。

すでに冷たくなっているの…。

 

ちょうど、往診の先生が海外に行くかもしれないというタイミングだったこともあり私が救急車を呼んだの。

 

最初は訪問看護ステーションに電話したんですよ。そうしたら、「先生が死亡確認できないから」って言われて…。

だから、「とりあえず救急車を呼んで」っていう話になって。

救急隊員が来て、

 

「この人、冷たくなってますよね…。死後、何時間も経ってますよね。これは病院に運べませんよ…」って言われて。で、警察が入った。

 

ヘルパーが朝8時半に掃除で居室に入っているんですよ!1時間もその部屋に…。

なのに、生存確認すらしていないんです。

 

・【掃除だけ】したんだね…(苦笑)

 

・(後藤)本当に掃除だけしたんだ…。

 

・警察から、「気づかなかったんですか?3時間以上も前に亡くなっているんですよ?」と聞かれたヘルパー、

「…寝ているものだと思っていました」って答えた。

 

・(全員)…。

 

・掃除に入った人は、ヘルパーさん?(亡くなっていることが)分からないのかな…。

 

・分からない人はわかんないよ。

 

・えー!?分かるよ…。

 

・それが、わかんない人がいるのよ。

 

・いやいや…普通、分かるよ。体だって、【普通の色】じゃないよ…。

 

・私、見た瞬間に、足は開いてるし、口は開いてるし…。「1時間も床掃除していて気がつかなかったの?」って思いました。

でも、会社はその人に何も指導しないんです。

 

・おとがめも指導もなし、か…(^_^;)

 

・そういえば、以前僕が勤務していた施設でも、すでに亡くなっている利用者さんのオムツを交換していた人、いたもんね。

 

・一同え~~!

 

・私も、そういう職員に遭ったことある。

 

・わかんない人はわかんないのよ。
『「この人、珍しく今日は静かだな〜」って思った』って言っていたから。

 

・「今日は全然動かないな〜」って思っていた、とか。

 

・(後藤)…本気で言っているんですね?

 

・はい、本気で…。

 

・(後藤)本気なら、どうしようもないですね。

 

・オムツ交換するときに体に触るじゃない?「なんかいつもと違うな〜?」っていうのはわかんないのかな?

 

・「違うな」っていう感性の人ならいいけど、そうじゃない感性の人も、たくさんいるからね…。

 

・(後藤)普段から、そういう目でしか人を見ていない、ということなのかな?【人形】みたいにしか…。


 

・ほかにも、毎日500の点滴を、3か月飲まず食わずでずっとやってきた利用者さんがいたのですが、ヘルパーさんに「点滴だけがこの人の命だからね…気をつけてね」って言っていたのに、ある日入ったヘルパーさんが、点滴をぶら下げているのにも関わらずベッドを上げてオムツを替えて…。私が見に行ったとき、点滴止まっていた。ヘルパーさんに指摘したら、「あ!気づきませんでした」って…。

 

・ベッドを戻さなかったの…?(苦笑)

 

・私、訪問介護の会社の事務所に電話して、「もう殺す気ですか?あのヘルパーさん替えてください。もうイヤです!」って言ったの。

えも、「他にヘルパーさんがいないから替えられませんよ…」って言われた。

で、すぐに訪問看護ステーションに「すぐに点滴入れに来てください」って電話して夜来てもらった。「緊急加算とってもらって構わないので」って言って。

うちの会社は「どうせ死ぬんだから一緒よね~」って言ってるし…。

 

・…もう、その法人は、介護の仕事やってる価値がないね。法人は、何のために仕事をやっているの?

 

・かわいそう…。

 

・私、他のスタッフにも「みんな一所懸命尽くしていても、スタッフ1人のちょっとした不注意で死んじゃうんだよ…簡単に人は死ぬんだよ…」って、毎日のように言っていても分かってくれない。

…そんなこんなの繰り返しで疲れてしまいまして。私、今休んでいます。

 

 

【後藤の個人的な意見】

…正直、一度でも人が亡くなる過程を見ていれば、「普段との違い」くらいが分かりそうなものですが…。

でも、見たことがなければ、また亡くなった直後であれば、分からない場合もあるのかな…?

もし、入居者との関わりをほとんど持とうとせず、入居者のことをほとんど意識もしていない状態の職員が、しかも人が死んでいくときの体の変化も見たことがなければ、こういうことも起こり得るのでしょうか…。

皆さん、どう思いますか?

それとも、怖くて言い出せなかったのかもしれないですね…

 

写真はイメージです。


⑨【建前の理念とホンネの理念

そもそも20床というベッド数が少なすぎるね。

 

 

<参加者の意見> 

・会社は、「赤字になる、赤字になる」ってばかり言ってて。数少ない楽しみだった塗り絵も禁止。

 

・法人は、介護と障害とダブルで受けてる?

 

・一部の方は介護と障害の両方ですね。塗り絵の人はデイサービスをMAXで突っ込んで…。家族も血縁の方もいないの。「できるだけ最低限のサービスで」っていう要望だから、日曜日に外部デイにでも行ってもらうことができれば楽しんでくれると思うんだけど行かせられないから、「せめて塗り絵でも…」と思ってやっていたのに、頭ごなしに「ダメ!」と言われるの。朝ごはんも抜きにしたりもするし。

 

・社長は”黒字にしたい”だけなの?【理念】とか無いわけだね…。

 

・理念はちゃんとあるんですよ。
「●●●」というのが「企業理念」なんですが…。

 

・(後藤)え?それが企業理念?それを社長が言うの?…

どの口が言っとるのかな?!(苦笑)…。

 

・早くその社長、認知症にならないかな~?要介護になってくれたら、私がお世話してあげる。もちろん、朝ごはん無しだよ。

 

・社長、自分の親は別の施設に入れているの。ウチよりだいぶ高いのに何もしてくれない施設らしくて。「ウチの施設はこんなに料金が安いんだから、こんなにサービスすることないじゃない?そこまでやらなくていいわよ~。」って言う。

 

・社長は女性?

 

・はい。

 

・(一同)ヒドイね~

 

・酷すぎる。内部告発、しようよ。

 

・私が、「それって違うんじゃないですか?」って言うようになったら、「あなた、頭がおかしくなったわね」って言うの。

 

・(後藤)「気が触れちゃったのよ~」って?どっちがだよ…(^^;)。

 

・またすごいね。

 

・どうしたらそんな発想になるの?頭がおかしいのはどっちだ?!

 

・その社長のご主人が建築業なの?

 

・いえ…旦那さんじゃなくて…愛人…なんです。会長は、他にご家庭がある方で。

 

・なるほど…会長の資金で建てたんだね。


 

・以前は、訪問介護で結構儲かってたらしいんです。でも最近は売上が落ちてきて…。今までは訪問介護で浮いたお金を施設(住宅型有料老人ホーム)に回していたんですが、最近はお金が回らなくなってきたみたいです。私、「頭おかしい」って言われているし。

 

・「頭がおかしい」わけだから、何をやってもいいんじゃないの?逆に(笑)。

 

・(後藤)なるほど~ある意味「責任能力がない」わけですからね。「何をやってもいい」と(笑)。

 

 

【後藤の個人的な意見】

『理念を書くとどの施設か分かってしまうかもしれないので書きませんでしたが、HPも確認しましたが確かに書いてありますね。でも、見事に建前の理念でしたね。ホンネじゃないわけです。

この会で話されたことが、私の言う、「ホンネの理念」です。

ホンネは、社長の口から出ること。それが本当の理念だと思います。

 

写真はイメージです


⑩【悪質な施設や法人が自然淘汰されない理由とは?

(そういう悪質な施設とか法人は)自然淘汰されるんじゃないですか?つぶれないんですかね?

 

<参加者の意見> 

・(後藤)それが、自然淘汰されないんですよね、意外と…(^^;)。

 

・そう。自然淘汰されないんですよ。

 

・(後藤)満床なんでしょ、利用者さんも?

 

・はい。ただ、すご~く無理な利用者さんも受け入れますよ。普通、お医者さんの診断書を持って来られますよね?でも、診断書なしで、いきなり社長から「今日の午後受け入れてください。あなた休みだけど今日の昼から施設へ行って手続き済ませなさいよ。」って電話が社長から入る。布団もないんですが…。

 

・せっぱつまった人だから…。それは、ご家族はありがたいですよね。

 

・そう。社長は、「あまり会いにこない家族」とか「何も文句を言わない家族」とか「お金持ってる利用者や家族」が大好き。

 

・キーパーソンが遠方にいるとかね。家族が見に来られないから。

 

・社会からこぼれ落ちたような人を、うまく受け入れている感じですね。

 

・ご家族が、「私たち、もう面倒見られないから…お願いします。もし死んだら死んでもいいから、その施設でできることだけしてくださればいいですから…。」っておっしゃいます。

 

・(後藤)なるほど…(^^;)。そこでWin-Winになっているのか…。だから淘汰されないんだね。ある意味、社会の役に立っているもんね。

 

・う~ん。

 

・でも…何でしたっけ?生活保護の方を預かって、国から支給されるお金を施設側が搾取して…。そういうのに似てますね。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9

 

・(後藤)本質は近いような気もしますよね。

 

・往診には、大きい病院の先生がくるんですが、その病院が退院させたい患者をうちのホームが受け入れる、というシステム。

それで、その病院の運営法人と同じ系列の訪問看護師が訪問に来るんです。だから訪問看護もどんなことでもしますよね。

 

・退院させたい人を、すんなり受け入れてくれる施設だから淘汰されずに残るんだよね。「誰でも受け入れますよ~」っていう施設は、だいたい満床なんですよ。

 

・だったら、職員が入職しなきゃいいのに…。今働いている職員も、「こんなヒドイところやってられない!」ってみんなで辞めればいいのよ!


 

・私も夜勤やって、そのまま日勤はムチャクチャつらいんだけど、そうすると社長が「別に私がやるからいいわよ」って言うの。そう言われると、「いえ、3時間だけ寝てきますから、すみませんが社長、3時間だけお願いできますか?」っていう展開になる。

 

・派遣スタッフは使ってた?

 

・私の在籍していた4年半で1人も来なかったですね。多分、人件費が高いから使わなかったんだと思う。社長は、「今派遣会社の頼んでいるんだけど、来ないのよ~」って言ってた。

 

・(後藤)派遣スタッフにお金使うよりも、それこそIさんが休日出勤してくれて、しかも全部サービス(賃金不払い/無給)でやってくれれば会社は助かるもんね。

その代わり、Iさんは潰れちゃうけどね…(怒)。

 

・私は、そんなのイヤだ…。

 

・求人はハローワークですか?

 

・はい。で、時々来ちゃうんです。応募者が。それで、社長の言葉に上手に乗せられて入職しちゃうの。

 

・上手いんだろうね、喋りがね。60歳だから。例の「K」という法人に似てるよね。

 

・その社長には、先生もだまされちゃうんです。もちろん、社長と会長の車は外車です。

 

・でも、20床だと少なすぎます。やればやるほど赤字になると思う。要介護度は?

 

・平均の要介護度は4.0くらいでしょうか…。障害は2人くらいです。介護保険の自己負担を除いて食事代込みで17万円~18万円くらいです。正社員は2人、パートが3人。あとは夜勤のWワークの人たち。

 

・う~ん…。ちょっといムリかな…。(売り上げが)月500万円もないでしょう。

 

・施設では赤字になるらしくて、ケアマネもウチの法人のに変えさせて、デイサービスに全部行かせて、訪問介護も全部入れて、やってる。

 

・でも、良くてトントンだと思う。

 

・デイの定員は20人強だから、施設の方が全員通えばほぼ毎日埋まるの。もしデイに行けなくなれば、2時間刻みで訪問介護を全部入れます。障害を取れる人については、障害も全部…。

 

・(後藤)ほんとに、「全部しゃぶりつくしてやる」という感じだね…(後藤、震えが止まらない)。

 

・でも、そのやり方(囲い込み)は、今指導で叩かれているんだけどな~。

 

・まだ、監査が入っていないんですよ~。入る前に、私は逃げようと…。

だって、利用者が騒げば薬を盛るし、ほとんど4点柵だし。ご家族がうるさい利用者だけセンサーつけて、家族がうるさくない利用者は全員4点柵。

 

・4点柵って、拘束になるよね?ご家族に承諾書って書いてもらってる?

 

・書いてもらっていません。一度、「(承諾書を)書いてもらわないとダメですよね?」って社長に言ったら「書いてもらうと(証拠が)残るから、イヤだ」っていうんです。

 

・書かなきゃダメだめだよ!施設なら、書かなきゃ叱られるよ…。


 

・ところで、正社員2人はボーナスも出るの?

 

・一応出てました。処遇改善も。処遇改善は、「一番上の、一番高いやつ」って社長が言ってました。

 

・処遇改善加算のⅠを取っているということだね。キャリアパスとか作ってるのかな~?

 

・(後藤)形式だけ、適当に作っているんじゃないですか?

 

・研修をしないといけないんですよね?領収書もってこいって言われました。

 

・処遇改善加算のⅠ(一番たくさんもらえるカテゴリー)を取るためには、年間の研修計画とか作らないといけないからね。でも、むちゃくちゃだね。処遇改善のお金をボーナスにあててたんじゃないの?

 

・社長は、「年間の手取りが変わらなきゃいいでしょ?」っていつも言っていて。

 

・で、残業もつかないんですよね?

 

・「定時内に記録を書けないあなたが悪い」と言われる。

 

・事業所は市内?市外ならまだしも、市内でこんな運営してたら本当にマズイですよ。

(告発の)電話一本でアウトだよ。でも本当は市に電話をしないとダメだと思う。だってIさんも電話しないでしょ?電話してあげた方がいいと思う。

Iさんが辞めて雇用関係もなくなったら、そのときは「利用者さんを助けてあげてください…」って市に連絡してあげようよ。そういう告発とか相談が何件かあると、絶対に市も動くから。


 

・(後藤)でも、Iさんが電話したことがバレバレですよね…。僕が電話した方がいいかも。

 

・昔、僕、介護の仕事する前ですが、本部に勤務していた社員がある日会社を辞めたんですが、その社員が税務署に書類全部送って、その会社が追徴含めて3億円払ったことがありました。社長激怒してましたけどね。その会社、結局つぶれちゃいましたが。

 

・やっぱ会社が悪いよね。

恨みを買う会社って、やはりそういう感じなんですよ。

介護業界は、大きい法人の中にも本当に優良だと思える法人はほとんどないけど、Iさんの会社も、そういう大きな法人にところに買収されたりしたら、今よりはマシになるかもしれませんね。

 

・介護業界、ちょっとひどいね…。みんなで市に電話しようか?

 

・存続させてはダメ。利用者がかわいそう。

 

・私の在籍していた、●区の特養も酷かった~(^^;)。ご家族とかからの頂き物は、全部施設長が持っていってしまうし…。

 

・全員(苦笑)

 

・オーナーの奥さんが施設長なんです。ケチで。納涼祭なんかも、全くお金かけないんです。かき氷だけですよ…。

 

・そうそう、ウチもずっとご家族も呼んで夏祭りをやってたんですが、「(利用者さんは)みんな認知症だから、どうせ何も覚えていないから夏祭りなんてやる必要ないよ。」って社長は言うんです。「どうせ翌日になれば覚えていないんだから…」って。

 

・え~!みんなね、今を生きてるのよ!今この瞬間が大事でしょ!今を大事にしてあげて!だって、特にお年寄りは、もしかしたら明日はいないかもしれないんだよ~(泣)。




 

【後藤の個人的意見】

Iさんの在籍していた法人は悪質そのものの法人ですから、淘汰されないといけないといけないと思いますが、本文で感じたようにある意味でWin-Winの部分もあるから、簡単には淘汰されないんですね。

私が常に言っている、介護業界のピラミッドの底辺の法人ですよね。こういう会社が結構な割合で存在する。

そういう法人で仕事をやりたい人は別ですが、そうでなければ避けるべきです。

でもIさんのように、一旦入ると、なかなか辞められないのです。

でも、考えさせられますよね。これだけ悪質な施設や法人でも、社会の役に立っている側面が確かにある、ということですからね。だから満床なんでしょうし…。

どうなんでしょうか…。

 

今回の参加者から寄せられた声です

・「2月になり、就職活動を始めたので参加しました。話を聞いて、“介護業界はどこも同じ”とは言いませんが、同じような悩みを抱えていると思いました。」

・「自分の思っている介護が間違っているのか?と悩んでいました。会に参加し、“入居者の方のために”と考えるのは、間違っていないと思いました。」

・「毎月参加したいのに来れなくて、今日は休みだったので参加しました。」

・「びっくりするような会社があることに驚きました。」

・「自分もまだまだなのに、新人を指導していかなければならないことに悩んでいます。」

・「他の施設の方の情報等が聞きたかったので、参加しました。色々な施設があるので、驚かされました。」

・「今日はストレス解消になりました。」

・「Sさんにお誘いを受け、1年ぶりに参加してみようと思いました。」

・「会に参加して、メリハリを持ってほめる所はほめ、注意する所はしっかり注意することで、本人様(入居者様)のためにもなるということだと感じました。」

・「会に参加する前の悩みは3点ありました。また会に参加してヒントも得ました。
【悩み①】
入居者様とのコミュニケーションは、これで大丈夫なのか?という事は良く考えていました。
⇒今まで通りで大丈夫だろうという事は少し感じました。男性職員として出来ることを行っていけば良いかな、と思いました。

【悩み②】
新しく入ってきた職員に対して、どのような対応を心掛けるべきか?
⇒まだヒントはつかめていませんが、仕事を続けていく中で、お互いに理解し合い、少しずつ円満な形にしていければいいと思いました。

【悩み③】今後、仕事を継続する上で、キャリアを積む上で、勉強や資格取得に取り組んでいくべきだ、と思っていること。その勉強を、仕事の業務と両立していけるか?という不安は持っていました。

・「いつもメールで開催案内や報告メールを見ていましたので、参加しました。久しぶりに参加して楽しませて頂きました。皆さんの会話は興味深いことばかりでした。」

・「食事会などもあるといいなと思います。」

・「たまには会場を変えてもおもしろいかもしれないですね。」

 

■編集後記

Iさんの職場の話が衝撃的すぎて…(^^;)。

でも、これってIさんだけじゃなくて、氷山の一角だと思うんです。

いや、実際に、氷山のほんの一角なんです。

その証拠に、同様の話を、他の多くの介護士さんから聞いているからです。

多少まともな職場にいらっしゃる方は、

「こんなひどい職場をなぜ辞めないのか?もっと早く辞めればいいではないか?」と思うかもしれません。

しかし、経験の少ない介護士さんたちは、比較検討の材料がないため、今の職場で起こっていることが介護業界の全てなのです。そして、「どの施設へ行っても変わらないよ」、とある意味洗脳されていますし、利用者さんを置いていけない、という気持ちも強くもっていますから辞めることがなかなかできないのです。

私は、そういう職場環境でお困りの方をなんとか救い出したいとの一念で仕事をしているのですが…

私の力不足でなかなか進みません。皆さん、ご協力お願いします~。』

<後藤>

 

★お問合せや参加申し込みは下記まで。

goto●aqua-brain.co.jp (●を@に置き換えて送信してください)


 

■次回の開催概要

【日時】2020年4月24日(金) 13:15~16:30(13:00開場)

【場所】<東別院>名古屋市女性会館 ~イーブルなごや~(第1集会室)

<地下鉄> 名城線「東別院」下車1番出口から東へ徒歩3分
<駐車場>49台(30分以上1回300円)

【参加費】500円
【定員】15名
【主催】TSC事務局(こころLink内) 後藤 剛



★こころLink公式サイト(トップページ)
https://www.kokorolink2.jp/

 

※介護職員さんからの転職相談、受付中。

 

ごあいさつ

こころLink責任者
後藤剛(たけし)

親身で介護士さま一人一人に寄り添ったサポートを行います。また、あなたのペースを100%守りながら進めますから、どうぞ安心してご相談ください。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0800-100-6753

上記フリーダイヤルへお電話ください。※平日8時30分~17時30分
※メールや問合せフォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

対応地域

愛知県(名古屋市、一宮市 、瀬戸市 、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町)